疑問解決します!FAX営業専門のサイトならFAXDM業者選定おすすめランキング

ホーム > コラム > FAXDMでの原稿を出すことの利点

FAXDMでの原稿を出すことの利点

 FAXDMの原稿を渡す時にこんな営業方法でうまくいくのか疑問を感じたりしますが、FAXでの利点を理解することにより、効率的にも良いことが理解できます。
 まずFAXは大抵どの企業においても置かれています。それは受発注業務や情報発信、本支店間の情報共有のために使われるからです。FAXが届くと、企業担当者の誰かがその内容を確認します。
 そのために、FAXという媒体を活用してDM(ダイレクトメール)を送ることは法人の新規営業開拓において効果が発揮されると言うわけです。効果を発揮するにはDM媒体のノウハウを知る必要があります。担当者がはっきり見て、インパクトを与えるためです。
 EメールによるDMもあります。
 それは迷惑メールのフィルタに引っかかってしまい、件名で営業と判断されて開封されずに捨てられてしまいます。
 また送信元のメールアドレスが、営業行為のメールであるとメーラーのフィルタに一度登録されてしまうと、そのあとにメールが来ても二度と届くことがありません。スパム業者としてのレッテルが貼られてしまう可能性があります。
 DMは一度認知されると今後開封はされません。そうならないためにもFAXDMは、開封された状態でFAX機に出力されるために、受信側にとって有益な情報が届けば必ず反応を示します。


 FAXDMの魅力としてコストが言えます。他のDM媒体に比べて安いのがFAXです。一般的なDMを発送した場合、チラシ印刷、宛名印刷などコストが1通当たり、100円以上のなってしまいますが、FAX場合には1通当たり、5~10円のコストで可能です。ニュースレターや新規開拓向けの広告発信用途であれば、FAXだと10分の1以下のコストで実施することができます。


 FAXでのDMの利点として短時間でアプローチが可能になります。
 デザイン制作・印刷・宛名印刷針・封入れ・封鍼・発送で最低でも1週間ほどの準備がかかってしまいますが、FAXであれば原稿さえ用意すれば、リストも簡単に手に入ることもでき、即日のアプローチが可能になります。
 そして更に効果が見込める所として継続して反応がある事が言えます。
 メールによるDMでは他のメールに埋もれてしまうために、時間が経つにつれ、反応を獲得できる可能性が低くなりますが、FAXであれば紙として出力されるために配信してから1週間か2週間、場合によっては1年後に反応が繋がる可能性があります。このサービスやっていますかと依頼を受けることもあります。

カテゴリー

▲ ページトップへ