疑問解決します!FAX営業専門のサイトならFAXDM業者選定おすすめランキング

ホーム > コラム > fax営業の法改正で対応に気を付けないと

fax営業の法改正で対応に気を付けないと

平成28年6月に特定商取引法という法律が改正されました。
この法律ではfax営業も対象の1つとなっていますが、法律が改正されるために対応を変化させないと違法になってしまう可能性が出てきます。
この法律改正では1年半後の2017年12月から施行されることとなります。
このfax営業では宣伝したい広告内容をファックスがある法人相手に送信をしていましたが、2017年12月からは送信先の承諾を得ないと送信できないようになります。
また相手から送信の承諾を得たとしても、それの証拠を残すために記録の作成と保存をしなければならなくなります。
もし2017年12月以降に送信先の承諾なく勝手に送信をしてしまうと、違法行為をしたとして行政処分を下されることとなり、その際には2年以内の業務停止処分が下される可能性もあるので注意をしなければなりません。



詳細を伝える事ができるfax営業

fax営業のメリットは全ての情報を一気に顧客に伝える事が出来る所です。
通常の営業であれば、まずは電話連絡を行い、アポイントメントを取り、その後に訪問し、資料を基に口頭にて営業を行うと言うフローになりますが、電話連絡の時点で、話を聞いて頂けずに断られてしまう事も多々あります。
これを解消できるのがfax営業です。
faxは届けば必ず目を通して内容を読んで頂けるので、話が伝わらないと言う事がありません。
それに興味を持って頂けたのなら顧客から連絡を頂く事出来ます。
自分で連絡をする必要もないので、コストパフォーマンスに優れています。
また一気に送信できるので、手間がかからないことも利点の一つです。
もしこれが同じ内容でもポストにチラシ投函だと見ても頂けずに捨てられてしまう可能性が高く、自分で投函する作業も必要になります。
新規営業開拓には有効活用できるfax営業を行いたいですね。



fax営業を実行する主なメリット

faxに因るダイレクトメールにつきましては送り先の個々に印刷することも要せず、通信費に関してもリーズナブルです。
その結果印刷費及び通信費が郵送と比較して安い費用です。
加えて、郵送とは異なり送れば直ぐに送り届けられるというアドバンテージもあります。
他にも、faxには手にした人が必然的に一回は中身を目にするという特性があります。
届けられたものを見ないで捨てる人はいないでしょう。
封書と同じ様に内容を見ずに捨てられることはありません。
要するに開封率に関しては100%になります。
開封率が上がることで、必ずレスポンス率も上がります。
相手方にアドバンテージのある重要な情報ならば記憶に残留し保存される率も上がるので、それ以降の営業もしやすくなると言えます。
以上のようにfax営業はコストパフォーマンスが高いという側面を持っています。

カテゴリー

▲ ページトップへ