疑問解決します!FAX営業専門のサイトならFAXDM業者選定おすすめランキング

ホーム > コラム > fax営業をするメリットを知りたい方へ

fax営業をするメリットを知りたい方へ

 fax営業は、5つのメリットがあります。その事をお教えします。まず、一つ目は、開封率が100パーセントだという事です。Eメールの場合、迷惑メール等で削除をされる事がありますが、ファックスの場合、開封したものが届くので必ず見る事になります。それから二つ目は、DMを封筒等で発送するよりもコスト面がかなり抑える事が出来ます。
封筒の場合だと、ラベルを貼ったり封筒に詰めたりと送るまでの手間もかかります。それから、三つ目はfax営業の場合、短時間でのアプローチが可能です。DMを発送するまでにかかる時間が少なくて済みます。また、四つ目は、配信をした後に継続をした反応が得られる事があります。五つ目は、fax営業の場合、法的な規制がない点がメリットです。格安で、簡単に、それから費用対効果の高い媒体だと言えます。


fax営業を利用することで得られるメリット

 ダイレクトメールを郵送方法でなくて、FAXによって送り届けるのがfax営業になります。 郵送方法と照らし合わせると手数もコストも掛からずに、ほとんどすべての会社はFAXを利用していますので、営業手法として非常によく活用されるアプローチです。fax営業につきましては、新規での顧客開拓、あるいは販売促進、そしてセミナー案内といったいろいろな営業局面で活用することができます。
そして、効果が見込めるのは、 特に新規での顧客開拓であるといえます。送信しやすさや費用のリーズナブルさから活用が広がりを見せているEメールですが、Eメールアドレスそのものが個人情報の対象であるとか、Eメールの振り分けに関する機能で開封されないで削除されるケースも多数あり、 中身を現実の上で見てもらえる率としては、FAXに分があるといえます。FAX番号に関しては公開情報のため、Eメールアドレスとは異なり収集の実行がし易く、開封される可能性が高く、見てもらえる所がアドバンテージといえます。


fax営業の強みと弱みを理解することが重要です

 ダイレクトメールに関しては新しいクライアントへの初めのアプローチという形でしばしば活用される営業方法といえます。ハガキ、あるいは封書を利用して郵送することが標準的ですが、faxを有効に活用することも可能です。ネット全盛の時代において、連絡手法はfaxよりe-mailに代わられてはいるのですがほとんどすべての会社組織にfaxはセッティングされています。その対象につきましては法人に限定されますが、郵送と照らし合わせるとリーズナブルに行うことができ、労力もかからないという側面を持っています。fax営業は効果的な営業手法ですが、手法を取り違えると有効性が得られないのみならず営業のための活動のブレーキにもなってしまう面があります。有効性をえるためにはプラス面とマイナス面を理解して、正攻法で行うことが肝要になってきます。

カテゴリー

▲ ページトップへ