疑問解決します!FAX営業専門のサイトならFAXDM業者選定おすすめランキング

ホーム > コラム > fax営業を上手に使っていくこと

fax営業を上手に使っていくこと

メールや電話で営業をすることもありますが、その場合にはすぐに削除をされてしまったり、電話も迷惑電話に登録をされてしまうということもあります。そうなると営業をしたくても出来ない状況になってしまうので、違う方法を検討をしなければいけません。
営業方法の1つにfax営業があります。情報をfaxで伝えることによってオフィス内で回覧をしてもらうことも出来るようになりますし、書面も再利用をすることが出来るようになります。
しかし中にはあまりよくないfax営業を行っている業者もあります。電話番号にfaxを送信してしまい、通信エラーになることもあります。
ランダムにどこの企業でもいいから送信をするのではなく、利益を出すことが出来るような業種、企業を選んで送信をすることが大事です。迷惑にならないようにしなければいけません。


企業に向けたfax営業は効果が高いです

fax営業はもう古いのではないかと考えてしまう方も多いですが、多くの人が考えている以上に効果がある物になります。
通常の家庭に向けてのfax営業はあまり効果がありませんが、企業に向けての物であれば高い効果を発揮してくれる場合が多いです。
そのため企業を相手にして仕事をしている方の場合は、行ってみるようにしましょう。どんな内容を伝えたいと考えているのか、そしてどれだけの情報を伝えたいと考えているのかにもよって変わってきますが、なるべく1枚のfax用紙に収まる程度の内容を送るようにしましょう。
あまりにも多く情報を送ってしまうとどれを購入したら良いのかなどが分からなくなってしまう場合が多いです。たくさん購入をして欲しいと考えるのは当然になりますが、自分が良いと考えている内容の物をピックアップして伝える事が大切になります。


fax営業の基礎知識とメリット

ダイレクトメールを郵送方法でなく、FAXによって送り届けるのがfax営業になります。 郵送と照らし合わせると労力もコストもかからないですし、ほとんどすべての会社組織はFAXを利用していますので、営業活動の実施法として良く活用される方法といえます。
ただし、やり方一つで意味がないばかりか、クレームづくしという逆の結果になってしまうこともあり得ます。fax営業は、新規の顧客開拓、あるいはセールスプロモーション、さらにセミナー開催の案内などたくさんの営業局面で活用することができますが、一番効果が見込めるのは、 新規の顧客開拓といえます。
たしかに送付しやすさや費用のリーズナブルさから活用が広がりを見せている電子メールですが、 Eメールアドレスそのものが個人情報対象であるとか、メールの振り分けで開封されることなく削除されたりするときも多く、 中身を実際に読まれる確率という事では、FAXに分があるといえます。

カテゴリー

▲ ページトップへ